FF14 パッチ4.4 金策(新式の次は?)

パッチ4.4金策(新式の次は?)

こんにちは!
管理のLuaです。
当ブログへのご訪問ありがとうございます。

前回のブログから1週間がたちましたが新式需要のピークは終わり「金策が思うように出来ないじゃん!!」そんな方にはこちらの金策です。(今回はLv50からできる金策あり!)

新式の需要はここ最近は作り易さもありパッチ後、2~3週ほで収束する傾向です。
新式需要の後は薬湯食事の需要が多くなります。「これは必然ですよねw」新式を用意される方は零式に挑戦される方なのですから、零式挑戦に必要な装備が揃ったら零式に挑戦されるわけで…。
てなことで、次に必要となるのが零式で使用する道具。これが薬湯と食事になるわけです。新式需要と違って薬湯と食事の需要は長く続きます。その代わり短時間で大きな利益が出せないのが特徴です。

前置きが長くなりました。
ここから本題です!

【薬湯G3】

まずは薬湯G3です。 薬湯G3は錬金術師の秘伝書:第6巻にパッチ4.4で追加となりました。 製作に必要な素材は以下の通りです。

アイテム名               必要素材
剛力の薬湯G3:アジム湧水(1) アラミゴ塩(1) ヤンサセリ(2) 黄昏の霊砂(1)  眼力の薬湯G3:アジム湧水(1) アラミゴ塩(1) アリッサム(2) 黄昏の霊砂(1)  活力の薬湯G3:アジム湧水(1) アラミゴ塩(1) 御形(2) 黄昏の霊砂(1)
知力の薬湯G3:アジム湧水(1) アラミゴ塩(1) チックウィード(2) 黄昏の霊(1) 心力の薬湯G3:アジム湧水(1) アラミゴ塩(1) ニップルワート(2) 黄昏の霊(1)

上記記載の通り、霊水と傾向と同じで赤字の素材以外は同じになります。
1回の製作で3個できるのも同じになります。
私の製作方法はアジム湧水と赤字の素材は自分で採取します。その他はマケボにで購入となりますが、黄昏の霊砂は高価な素材なので製作時には100%の確率でHQ品を製作したいところです。
よって、自分で採取するアジム湧水と赤字の素材はHQ品を揃えるようにしています。

【製作マクロ】

製作マクロは以下を使用しています。※注意)このマクロはCP531を必要とします!

マクロ➀

/ac 確信 <wait.3>
/ac コンファートゾーン <wait.2>
/ac インナークワイエット <wait.2>
/ac ステディハンドII <wait.2>
/ac ピース・バイ・ピース <wait.3>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac 経過観察 <wait.3>
/ac 注視作業 <wait.3>
/ac マニピュレーションII <wait.2>
/ac コンファートゾーン <wait.2>
/ac ステディハンドII <wait.2>
/ac 倹約加工

マクロ➁

/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac ステディハンドII <wait.2>
/ac 加工 <wait.3>
/ac イノベーション <wait.2>
/ac グレートストライド <wait.2>
/ac 工面算段II <wait.2>
/ac ビエルゴの祝福 <wait.3>
/ac 経過観察 <wait.3>
/ac 注視作業 <wait.3>
/ac 経過観察 <wait.3>
/ac 注視作業

【食事(IL370)】

食事です。

食事は調理師の秘伝書第6巻にパッチ4.4で追加となった食事を製作します。
食事は職種だけでなくサブステの振り方で使用する食事が異なります。 よって、どの食事が売れるのか?はっきりとしたことは言えません。
ここでは私の製作している食事の製作方法を紹介いたします。

私の場合は自分も食事を利用するので、使用するために作り売る感じです。
具体的には以下の通りとなります。

・アイテム名シャクシュカ 必要素材 ・コウシュウ黒豚肉×1(黄貨素材)
・ドラヴァニアパプリカ×2     ・ゼーメルトマト×2
・ガガナの卵×1          ・ドラゴンペッパー×1
・タイム×1

コウシュウ黒豚肉はクラフター黄貨素材です。
IL370の食事製作で黄貨素材を必要とする食事が多くあります。
私は前回のブログ(4.4金策)でも書きましたが、黄貨取得は比較的、楽にできますのでこちらの素材は自前で入手しています。(素材の中では一番高価な素材になります。)
他の素材は時間の関係でマケボ購入をして完成品の食事を売ることで 素材代を回収するようにしています。 製作に使用するマクロは薬湯製作時のマクロと同じになります。

【Lv50でもできる金策】

さて最後になります。
前段に記載したような製作は出来ない方向けに中級編を記載します。
ギャザクラの育成には【ギル】が必要だったりしますよね^^;
まずはここで小銭の稼ぎ方を記載して置きますので参考にしていただき、今後の金策の糧にした貰えたら良いと思っています!
方法です。
Lv50でもできる新式の製作素材の入手で一儲けされるギャザラーさんも多くいます。やり方は同じだと思ってください。
中級の枠がどこなのかが問題ですが、ここではギャザラーLv50とさせて貰います。
レベルが足りない方は頑張ってもらう必要がありますが、装備の入手は安価に調達で 着ると思います。
もう少し頑張れる方はLv63(装備の関係)まで上げると幅が広がります。
具体的な採取品になりますが、私が必要とする食事素材でゼーメルトマトはLv50で採取可能でHQ品は高値で売買されています。(リテイナーの園芸師でもベンチャーで依頼できるw
Lv60を超えるとさらに高価なドラヴァニアパプリカの採取も出来るようになりますので合わせてることでより多くの金策が可能となります。
上記記載のアイテム以外にも薬湯や食事を製作する際に必要とする素材は多くあります。
調べる時は、マケボの錬金術材や食材で💗の付いたアイテムを探してみてください。
💗付きの素材で最近の取引が多く、ご自身で採取可能なアイテムが金策素材となります。

他にも金策する方法は沢山あります。時間のない中で自分に合った金策方法を探してみてください。エオルゼア世界も需要と供給で成り立っています。

ギャザラーやクラフターはレベルを上げたり素材を採取して製作したりと面倒なことも多く、時間の消費の多い遊びです。
ですが、ある程度のところまで育ててしまえば掛ける時間も少なく済みます。
そのころには【ギル】も持っているので時間をギルで買うことも可能になりますし、その消費したギルも市場が熱いうちに出荷するので回収も短時間で出来るようになります。

あなたのクラフターLIFEが楽しくなりますように!!
ここまでお読みいただきありがとうございました。   

Copyright (C) 2010 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

最新情報をチェックしよう!

4.4の最新記事8件

NO IMAGE